新・後光がさしたよ

生きる喜び

今更の話

今更ですが、Mac OS Catalinaってどうなんですかね。

現在作業しているものが大きく動き出す前に

クリーンインストールやっておきたいのです。

編集環境でつかってるけど問題ないよ!サイコー!

っていう声を聞くまで安心しないんで調べてみました。

 

AVID Media Composerは1月段階でbeta版の対応となっていました。

Mojave以下をオススメしますということです。

Adobe Premiere Pro の方はというと、

サードパーティーでバグが発生しているようですね。

こちらもあまりCatalinaを薦めてない印象です。

んーー。

 

Mojaveかなっ。

 

ちなみにですが、これも今更ですけど

Catalinaは32bitアプリが起動しなくなるので、

Premiereは2018が完全にオワコンになるようです。

 

ま、この件に関しては、うっかり手を滑らせて

2018を上書きで葬り去った私には大した問題じゃないですけどね!!!

 

f:id:azkintaro:20200518173751j:plain

 

f:id:azkintaro:20200518173847j:plain

 

絶賛続いております

SHINPAの在宅制作連続配信、

まだまだ絶賛続いております。

 

youtu.be

 

9日に配信された菊地健雄監督の「はさまるたいち」に参加しました。

気持ち的には優勝狙ってますので、どうぞみてください。(そういう企画じゃない)

 

エンドクレジットのフォントはフリーフォントなのですが、

音楽を作ってくださった侘美秀俊さんの「侘」の字が無かったので、

この文字だけ私の手書きです。

遜色ない出来に満足しております。

 

どうぞよろしくお願いします。

視聴し終わったら、鈴木太一さんのファンになってます。

  

とにかく、見過ぎ

編集の仕込みをしつつ、

夜はNETFLIXとVimeoのUPLINKとアマプラを日々巡回してます。

夜中にNETFLIXの「ストレンジャー・シングス」を連続再生しすぎて

頭痛がしてます。

去年の夏、仕事がなくなっちゃって「ハイキュー!!」を

再生し尽くした時期のデジャブ感すごいです。

ストレンジャー・シングス」のシーズン2エピローグでなぜか涙が。。

シーズン1に比べて情報量が増えてるからごちゃごちゃしとるなー

と思っていたけれども、やっぱりサービス会話みたいなの好きです。

エピソードを重ねていく間に横顔がどんどん大人びていく少年たちが

いいわぁと思いました。

 

ストレンジャー・シングス」とは関係ないですけど、

世の中が落ち着いた時の為に、釣竿を買っておこうと思いました。

 

f:id:azkintaro:20200502183414j:plain

 

f:id:azkintaro:20200502183559j:plain

 

f:id:azkintaro:20200502183442j:plain

 

 

f:id:azkintaro:20200502183524j:plain

 

 

仕事があれよあれよとキャンセルされてる

今後の仕事があれよあれよとキャンセルされてるのに、

やることが減った気がしない日々を送っています。

まぁ、ある時を界にぱったりやることが無くなってしまうのかもしれません。

 

4月中に仕込み始めた短編を二つやってます。

短編というか60分くらいって言われてたんですけど、

繋いだら35分くらいになっちゃったので、私の心は短編です。

 

もう一つのほうは、まだ詳しくはよくわかってないので

(編集はしてる)

はっきりしたら書こうと思ってます。

編集している横でさらによくわかってない旦那が笑ってたので、

面白いものになっているようです。

 

5月目前ですが、

5月はなぁー、どうなるんだろうかなぁって感じです。

外に出なくなったくせに、通販に拍車がかかって結局お金使ってるきがします。

f:id:azkintaro:20200424155657j:plain

 

f:id:azkintaro:20200424155725j:plain

 

 

4月二週目からがっつり引きこもっているので、

緊急事態宣言前の世界を貼ります。

 

f:id:azkintaro:20200424155800j:plain

 

 

f:id:azkintaro:20200424155833j:plain

 

f:id:azkintaro:20200424155905j:plain

 

f:id:azkintaro:20200424155944j:plain

 

f:id:azkintaro:20200424160030j:plain

 

f:id:azkintaro:20200424160106j:plain

 

f:id:azkintaro:20200424160143j:plain

 

ま、とりあえずずっと車なんですけどね。

 

ほほぅ Premiere Pro 2020

また、ほほーと思うことがあったのでメモします。

私、音合わせの時に統合クリップ作るマンなのですが、

これまでは統合されたクリップの音が

ミックスされてモノ扱いになるので、この点が気になっていました。

そして、Premiereではこれがずっと仕様とされていました。

しかし、2020vでは、なんと音がばらけているのです。

わお。これはびっくり。

f:id:azkintaro:20200409131127p:plain

 

画像は統合クリップを新規シーケンスに置いたものです。

A1とA2はカメラのガイド音声です。

A3とA4は録音部さんからのwavデータです。

なんか、スッキリ・ハッピーです。

散々とちょっといいこと

今日は、散々でした。

自転車の後輪のゴムが劣化のため亀裂がはいり、

走るとほにょほにょになってしまうし、

仕事場行くのに超必要なのに

近所の自転車屋さんは定休日だし、

ゆうべ ギャアギャアとSkype飲み会をやった後に、

MBPの左スピーカーの低音が割れるようになっちゃって(これも経年劣化)、

星野源の動画がボワボワにしか再生されなくて

修理ださなきゃいけなくなるし、

スピード修理を求めて三店舗くらいまわらないといけなかったし、

、、、散々でした。

不要不急の外出の自粛が叫ばれているので、

後ろめたい気持ちで外出ですよ。

本当に。

これが全てクリアできれば家から出なくて済むので安心なんですけれども。

どこも自転車(STRIDA)のタイヤ取り替えはやってくれなかったので、

自力で直します。

明日、タイヤとチューブ届くし。

 

でも、散々ではありましたがちょっといいこともありました。

編集に入る作品が4K収録で、proxy変換をしたという件で新感覚がありました。

これに関しては製作状況を考えると、

わたし的に「なぜ4K?」というツッコミしかないんですけど、

それは置いておいて。

 

proxyはどうやらPremiere Pro 2020で作ったらしいんですよね。

しかもmp4。

やれるとは耳にしていましたが、本当にこれを使う人がおるんかと。

いつもは大体、ResolveでProRes422 LTかProxy(粗すぎるのですきじゃないです)設定で

びゃびゃっとオフライン編集素材を作ったり作ってもらったりするので、

mp4?まじ?って思いました。正直。

 

でも、TCは引き継いでいるようなので、XMLなどを出すときには

問題なさそうな気もします。

ひとつ気になるといえば保存先のフォルダ階層。

間違えたのか、わからなかったのか不明ですが、

マスターデータの階層に「Proxies」というフォルダが生成され、

その中にmp4が格納されてます。

ですので、カメラの機種ごとに保存されている階層の深さが変わっていました。

これ、多分設定できるんですよね、きっと。

 

あと、mp4の名前が[〜_Proxy.mp4]となっているので、

このばらけたフォルダ階層にこの名前だとグレーディング時のマスター差し替えが

ややこしいんじゃないかなーと思ったりしてます。

せめてテープ名取得してれば、そんなに困らないと思う、、

と思いましたが、確認したところ取得してませんでした。

設定するか…。

 

懸念ポイントが多いとはいえ時間もないので、

もはやこのスタートでやるしかないんですけどもね。

 

f:id:azkintaro:20200408202704j:plain