読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・後光がさしたよ

生きる喜び

噫無情

OS新しくなりましたね。わーいわーい。

OS 10.9 MavericksさっそくDLしました。

OSがあがるときは、必ずクリーンインストールしたいので

週末の作業にしようっと。台風ですしね。

なるべくPCに余計なものを入れないように努力はしているんだけども、

いつも記憶にないDLファイルが…。

こういうのも一掃してしまおう。

 

f:id:azkintaro:20131024100217p:plain

 

使っているソフトウェアに関しても

不具合がないか調査していく必要がありますもんで、

やること一杯ですよ!ふんふん!!

名刺整理アプリケーションも購入したくせに全然まだデータ化していませんしね。

 

そういえば、先日BDで「レ・ミゼラブル」を観た。

 

 

恥ずかしながら、「えー、150分もあるのかー…」と思って嫌煙してました。

しかしながら、思ったよりアクティブな映画作りにびっくり。

ラッセル・クロウの歌声にもびっくり。

歌ってるショットはちゃんとみせつつ、他はテンポよく。

と、いうか、恥の上塗りだけども、

そもそも「レ・ミゼラブル」というもの自体を知りませんでした。

日本の翻案のタイトルは『噫無情』(ああむじょう)…。ストレートですな。

コゼット(アマンダ・サイフリッド)よりもエポニーヌ(サマンサ・バークス)のほうが

明らかに何か持ってる!と感じたのは私だけだろうか??

コゼットの恋敵のいじわるな女の子なのかしらん?と思ってみてたけど、

一番切ない役どころだし、

なにより雨の中歌ってるのがほんとに切ない。

コゼットは確かにかわいいんだけど、まぁ、かわいいよねって印象。

全体には生真面目と思いきや、

舞台のミュージカルを観ているような演出のシーンがあったり、

とにかく、見応えがありましたよ。

 

一代記っていいよね。