読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・後光がさしたよ

生きる喜び

撮影データのフォルダ階層

編集 DaVinci Resolve

最近、編集後のDaVinci Resolveへのコンフォームが多いので

ちょっと気になったことのメモです。

 

オフラインの場合は大方ProResに変換されたものを使用しますが、

編集後は撮影後のマスターデータに差し替えます。

すんなりいくときもあれば、悪戦苦闘することもあります。

 

編集前のポイントは

・撮影後のマスターデータのフォルダ階層と変換後のProResデータのフォルダ階層を

なるべく合わせる

これがしてあると、編集準備がはかどります。

合わせられないようでしたら、共通のフォルダ名にまとめます。

日付が無難ですかね。

 

コンフォーム時のトラブルは、エディットのデータを読み込んだ後、

「リリンクさせようとしてもオフラインになっちまいます。」

ということです。

 

編集時はクリップが細かく大量にありますので、なるべくするっと合わせたい。

以前にもリール名は大事ですという文を書いた気がしますが、

まさにここで大活躍です。

 

daVinci Resolveでは、リール名の取得をマニュアルで行うと

プロジェクト全体で反映されてしまいます。

なので、マスターデータのフォルダ階層がバラバラですと、

編集時につけたリール名が意味をなしません。

 

例えば、⇩

f:id:azkintaro:20161014124533p:plain

 

このクリップは4階層あります。

 

しかし、他のクリップは⇩

 

f:id:azkintaro:20161014124537p:plain

2階層しかありません。

 

この場合、編集準備で[A_R_1].......で取得していたリール名を

DaVinci Resolve でも取得する設定をしても、

マスターデータ側のフォルダ階層がバラバラなので

リール名もバラバラになってしまいます。

 

[A_R_4]のリール名を取得するには

*/%R/%D

なのですが、

[A_R_1]のリール名を取得するのは

*/%R/%D/%D/%D

こういう感じです。

大事なことなので二回書きますが

DaVinci Resolveのプロジェクトで使える設定は一つだけです。

 

こうなったら、手動でフォルダを作って階層の数を合わせる必要があります。

 

と、いうことなので、

現場でのデータ管理はここまで知っている人にお願いできると

ポスプロの手間がなくなりますね。

 

「とりあえずバックアップが確実に取れてればいいです。

あとはこちらでなんとかします。」

と言ってしまいます。

 

しかーし!これではいかーん!と思うので、

みんながわかるように簡単な説明用PDFを用意します。

自分の身は自分で守る!!