読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・後光がさしたよ

生きる喜び

ヤキモキ週間

Adobe Premiere DaVinci Resolve 編集 技術的ないろいろ

ここ数日、編集に入ってます。

おそらく今週いっぱい。

 

別件で関わってる後輩のおちりが

マーライオンになってしまったので、

編集周りは大分ドタバタした週明けでした。

風邪には気をつけたいものです。

 

今回はログ収録のデータをPremiereで直読みしてます。

Lumetriを使ってlutを当てながらの編集です。

使用PCは2012年度モデルのRetina 15inc core i7

WDのモバイルHDDを使用しています。

 

解像度はHDだったので、まぁ、いけるだろうと思ったのですが、

2カメの必要スペックを侮っていました。

完全アウト。コマ落ちしすぎて編集点やリップシンクの具合が

よくわかりません。。

 

ひょっとしたら、MXFのままクリップを扱っているのと

Lumetriを使っているからかもしれません。

QT ProResだと苦労なく編集できるんだけどなーと

レスポンスの悪さにヤキモキしながら編集を進めています。。

 

ビデオラインが1つだと全く問題ないんです。

プレビューはピクチャモニター出しなので、2分の1です。

そう考えると、ProResコーデックがどれだけ良いコーデックなのかを

実感します。

 

今回はそこまで長丁場の編集ではないので、

ごまかしながら進めていこうと思います。

 

PC買い替えどきでしょうかね??

もしくは外の編集室に入りたい。。

 

そういえば、先日のDaVinci Resolve講座で「これは良い!」と

思ったことがありました。

それは、「マウス」です。

普段ノートPCなのでタッチパッドで操作してしまうのですが、

DaVinci Resolveではマウスの真ん中のボタン、

センターボタン?ってやつですかね?

こいつめがなかなか良い動きをするんです。

 

カラータブのプレビューウィンドウで

センターボタンをグリッと押しながら操作すると、

見えている範囲をコントロールすることができます。

これがやりたくて、ずっと気になってたんですが

特に調べることもなく放置していた機能です。

 

ああ、一家に一つ。ボタン付きマウス。

 

これからプレビュー用のデータを書き出します。