読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・後光がさしたよ

生きる喜び

GR!発進!

f:id:azkintaro:20140720001026j:plain

 

f:id:azkintaro:20140720001104j:plain

 

f:id:azkintaro:20140720001135j:plain

 

GR初起動!発進!

秋葉原 ツクモSDHCの8GBが600円くらいだったので、

早速購入して使ってみました。

シャッタスピードや絞りは撮っていくうちにおぼえていくでしょうな・

なかなかいいんじゃない?

ハーリーの雑なのも好きだけど。

人を撮りたい、人を!!

 

合間をぬって、イメフォで「収容病棟」を通しで観る。

公式サイトにも書いてあるけど、

たしかにワイズマンの「チチカット・フォーリーズ」を思い出しました。

 

 

お掃除おじさんはいないけど。

 

あっというまの237分。

ほんっとに[収容]なんだと痛感しました。

その中でもあまりにも人々が本能的に動き回るのです。

「あー、これ言ったら、この人はどう思うんだろう?」とか

そういう「他人の気持ちを想像する」っていうものはなくて

「THE 自分」という個が大量にいるので、そりゃあもう、すごい。

でも、「他人の気持ちを想像する」っていうが一見無いんだけど、

映画をみていくとそういうものが出てくるんです。

公式には「愛を!」って書いてあるけど、まぁ、そういうことですね。

その振れ幅がすごく映画を豊かにしているのかなと思いました。

でも、なんという言葉で言えばいいのか適切な言葉がないなと思います。

面白かったですけど、、、面白いじゃないな…。

素晴らしいとかのほうが合ってるのかもしれないですね。

 

映画館をでたら、N○Kのインタビューの人がいて、

「収容病棟」の感想を撮らせてください!って言ってました。

急に感想を!とか言われても、こりゃたぶん何も言えないなーと思いました。